スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
夜泣きの原因と対策
夜泣きとは生後2〜3ヶ月から1歳半ぐらいの赤ちゃんによく見られる症状で、特に原因もないのに突然泣き出し、中々泣きやまない状態をいいます。正確には、赤ちゃんが原因が良く分からないのに号泣をすることです。

夜泣きが何故起こるのか、ということは、はっきりと解明されてはいませんが、赤ちゃんの体内時計のリズムが、何かの原因で狂ってしまい、起きている時間と睡眠時間が普通のリズムとは異なってしまったことが原因ではないかとも言われています。

夜泣きの原因となっているかもしれない体内時計の狂いを調整するには、どうすればいいのでしょう。これには色々対処法がありますが、一度完全に起こしてしまって機嫌を直してからもう一度寝かせつけるという方法があります。

夜泣きを抑えるには、昼間から色々と準備があります。まず、朝はだいたい同じ時間に起こし、朝起きたらすぐに部屋を明るくして、日中は外で太陽の光を浴びましょう。風呂は寝る前に入れるようにして、少し熱めのお湯に入れてやるなどです。

おすすめリンク
夜泣き
夜泣き 赤ちゃん
夜泣き 原因
夜泣き 対策
乳児 夜泣き

JUGEMテーマ:子育て情報


| 和也 | 14:51 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 14:51 | - | - |