スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
川崎フロンターレ対FC東京(多摩川クラシコ)
昨日、NHKで川崎フロンターレ対FC東京を中継していたので見ました。
私は中村憲剛のファンなので川崎フロンターレを応援しました。

多摩川を挟んで向かい合う両チームの戦いのため、
「多摩川クラシコ」と今回から名づけられたようです。
元ネタは、スペインリーグの「クラシコ」ですね。
レアルマドリード対バルセロナ。
伝統の1戦という意味です。

川崎フロンターレの中村憲剛は首を痛めていたため、2試合ぶりの出場。
ボランチでした。

MFのマギヌンが出場できないため、
トップ下には大橋が今季初スタメン。

その大橋がいきなり魅せました。
前半2分にロングシュートでゴール。
中央24メートルから右足グラウンダーで決めました。
フォワードへのパスも選択できる中でのロングシュート。
思い切りが良かったです。

勢いに乗った川崎フロンターレは、前半11分に
フォワード黒津の左足のシュートで追加点。
中央21メートルから左足ライナーで決めました。
これはすごくいいシュートでした。
アドリアーノの左足を髣髴させました。

前半43分にはフリーキックのチャンスに大橋の直接キックでゴール。
左よりのフリーキックで、
中村憲剛が蹴るかと思いましたが、大橋が決めました。
ライナー性のいいシュートでした。
ポテンシャルの高さを感じます。

さらに前半44分には、
ワンツーからゴール前に走り出した中村憲剛のシュートを
キーパーがこぼし、それを左サイドハーフの村上がつめてゴール。
昨年他のチームを解雇された苦労人・村上が決めました。

前半は川崎フロンターレが4−0でリード。
圧倒的な強さを見せました。

後半はFC東京も粘りを見せ、2点を返しましたが、
結局は5−2で川崎フロンターレの勝利。
3位に浮上しました。

中村憲剛の存在感はやはり大きいのでしょうか。
彼の抜けていた2試合は勝ち点を挙げられませんでしたが、
今日は大勝しました。
特に試合中はものすごく目立つわけではないのですが、
ワンタッチツータッチのプレーでボールをさばき、
テンポを作るプレーと、
ときおり見せるスルーパス、
そしてゴール前への飛び出しが彼のいいところでしょう。
非常にクレバーな選手です。

FC東京は茂庭、今野、福西、石川など日本代表クラスのいい選手がそろっていますが
まだ噛み合っていないのでしょうか。

川崎フロンターレの監督関塚氏の采配がまた的中しました。
特に大橋のスタメン起用がよかったです。
また、後半その大橋を下げてボランチをいれ、
中村憲剛をトップ下に上げることで守備のバランスと、
カウンター力の強化を図った辺りも抜け目ないです。

川崎フロンターレ、優勝目指してがんばってほしいです。
| 和也 | 14:27 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 14:27 | - | - |